地デジ@完全ガイド -テレビ・アンテナはどうする?-

【地デジの基礎知識】 「地デジ」とは?

現在、私たちが毎日のように観ているテレビ番組は、「アナログ放送」と呼ばれる手法が一般的ですね。テレビ局から飛ばされた電波が、中継所を通り、それが私たちの各家庭に届いているというものです。しかし、この「アナログ放送」は、2011年7月24日で観られなくなってしまいます。つまり、この日を境にアナログ放送が終了し、テレビ画面が「ザーッ!」という砂嵐になってしまうんですよ。

もちろん、「もう一生テレビが観られない…」というわけではありませんよ。アナログ放送が終了するかわりに、今度は「地上デジタル放送」というものがスタートします。「地デジ」と略されて呼ばれることが多いですね。

今でも、色んなテレビのチャンネルで「地デジ」の普及活動が行われています。以前はSMAPの草g剛さんが「キャンペーン大使」として地デジを宣伝されていましたし、「地デジカ」という、「鹿」のキャラクターも、一度は見たことがあるのではないでしょうか?

大切なのは、2011年7月24日までに、地上デジタル放送に対応したアンテナやテレビを用意することにあります。まだ地デジへの移行が終わっていない場合は、テレビ画面の右上に「アナログ」と小さく表示されていると思います。これが表示されているということは、「まだ地デジには対応していませんね」ということであり、直前の混乱する時期に変えるのではなく、できれば、1日でも早い段階で地デジへの移行をしておきましょう。どうせ、2011年7月24日までには移行しなければいけませんしね。

なお、地デジへの移行は、総務省のホームページでも詳しく解説してありますし、あなたが住んでいる地域の「電気屋さん」に聞いても良いのです。あなたの家庭で地デジが観られる方法を教えてくれることでしょう。

[リンク]行政書士の転職情報


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 地デジ@完全ガイド -テレビ・アンテナはどうする?- All Rights Reserved.