地デジ@完全ガイド -テレビ・アンテナはどうする?-

【地デジの基礎知識】 「データ放送」と「EPG機能」

現在、私たちが観ている「アナログ放送」は、2011年7月24日をもって完全に終了します。つまり、この日までに地デジが観られる環境を整えておく必要があるんですね。しかし、皆さんは地デジになって「何が変わる」と思いますか?地デジになると、私たち視聴者へのメリットがたくさんあるのですが、そのいくつかを紹介していきましょう。

まず、「データ放送」と呼ばれるものです。地デジは、「テレビがインターネットにつながっている状態」だと思ってください。したがって、回線を通して色んな情報を、テレビを観ながら入手することが出来るんですね。

地デジ対応テレビのリモコンには、「データ放送」と書かれているボタンがあります。それを押してみると、テレビ画面が一回り小さくなって、画面の空いている部分に、リアルタイムの「ニュース」や「天気予報」を表示することが出来ます。時々、ニュース番組で画面の下の方に文字がスクロールしていることがありますよね。あんな感じを想像してください。また、文字が勝手に流れるのではなく、観たいニュースや天気予報、株式情報などを自由に選んで、「ジックリ観る」ということも可能なのです。

また、「EPG機能」というものにも着目してみましょう。地デジ対応テレビには、この「EPG機能」が付いているのですが、テレビの「番組表」などを画面に表示することが出来るのです。今までのアナログ放送では考えられなかったサービスですね。「なんか面白い番組はないのか…?」と、新聞を探す必要もなくなるのです。

さらに、その番組の内容や出演者まで画面上で観ることが出来ます。たとえば、「この番組、どんな内容なんだろう…?」と思ったら、リモコンのボタンを押すだけで番組内容や出演者の情報を知ることが出来るんですね。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 地デジ@完全ガイド -テレビ・アンテナはどうする?- All Rights Reserved.