地デジ@完全ガイド -テレビ・アンテナはどうする?-

【地デジの基礎知識】 費用はどれくらい?

地デジへの移行は、2011年7月24日までにしておく必要があります。この日を境にアナログ放送が完全に終了しますので、それ以降は地デジでなければテレビを観ることが出来なくなってしまうのです。

しかし、地デジへの移行は、「無料で出来る」というわけではありません。「地デジに対応しているテレビを買う」や「地デジチューナーを付ける」、あるいは、「屋根についているアンテナを変える」などの作業が必要になり、そのためにはコストがかかるんですね。では、一体どれくらいのお金が必要になるのでしょうか?

まず、アンテナが地デジに対応していない場合、アンテナ費用を考える必要があります。「2万円〜4万円(電気屋さんの作業代を含む)」を見積もっておきましょう。また、地方によっては電波状況が良くない場合もありますので、その時は電波を増幅する「ブースター」という装置を付ける必要があります。こちらは「数万円」必要になりますので、それも併せて準備しておくと良いでしょう。

ところが、「アンテナを変えれば地デジが観られる」と思ったら大間違いです。アンテナが地デジに対応していたとしても、肝心の「テレビ本体」が地デジに対応していないのであれば、放送を観ることは出来ません。お近くの電化製品を取り扱っているお店に行って、安いものを購入しておけば良いと思います。

「でも、テレビは高くて買いたくない…、もっと安い方法はないの?」と言う人もいるでしょう。その場合は、あなたが使っているテレビに「地デジチューナー」を取り付ける方法はどうでしょうか?「高画質の地デジ放送」は観られませんが、少なくとも、チューナーを付けていれば2011年7月24日以降でも放送を観ることは出来ます。チューナーの値段ですが、「1万円」くらいから購入することが出来ますよ。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 地デジ@完全ガイド -テレビ・アンテナはどうする?- All Rights Reserved.