地デジ@完全ガイド -テレビ・アンテナはどうする?-

【地デジのメリット】 高齢者と障害者へのメリット

NHKの「教育番組」などを観ていると、時々「字幕放送」や「手話ニュース」を見かけますね。耳が聞こえない「難聴」の方などへ、ニュースや番組コンテンツを届けるというものです。しかし、このようなサービスを民放で行っているケースはほとんどなく、難聴の方、あるいはその他の障害を持っておられる方にとって、「テレビを観る」という作業は、私たちが想像する以上に難しいものなのです。

しかし、地デジであれば、このようなデメリットを簡単に解消することが出来ます。まだ「すべての番組」というわけではありませんが、地デジには「字幕放送」が標準装備されています。つまり、これまでになく多くの番組で字幕による視聴が可能になるため、特に難聴の方には嬉しいサービスだと言えるでしょう。また、番組から流れる音声スピードを調節することも出来るんですよ。これまでのテレビでは考えられなかったサービスですね。

さらに、「先週の連続ドラマを見逃してしまった!」という場合も、「解説放送」と呼ばれる機能が地デジにはあるため、「前回のあらすじ」などを確認しながら放送を楽しむことが出来るのです。

そもそも、このようなサービスが可能になったのも、「地デジになると電波の余裕が多く出来る」という特徴があるためです。これまでは、これらのサービスをしたくても、「それ以上たくさんの情報を電波で流すと、限界値を超えてしまう…」という状況だったのです。しかし地デジの場合は、電波効率が格段に良いため、余裕のある電波のスペースにこれまで以上の情報を乗せることが可能になったのです。

障害を持っておられる方、あるいは高齢者の方など、「テレビを観る」という作業自体が難しい場合もあります。しかし、その負担を少しでも軽減してくれるのが、地デジの大きなメリットと言えるんですよ。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 地デジ@完全ガイド -テレビ・アンテナはどうする?- All Rights Reserved.