地デジ@完全ガイド -テレビ・アンテナはどうする?-

【地デジのデメリット】 費用負担が大きい

2011年7月24日には、今のアナログ放送が完全に終了し、私たちはそれまでに地デジの準備をしておく必要があります。地デジになると、アナログ放送では考えられなかったような「たくさんのメリット」が生まれるのですが、メリットだけではありません。デメリットについても考えることが大切なんですね。

まず、地デジ移行の大きなデメリットの1つと言えば、「費用負担」です。地デジへの移行は、総務省を始め、政府が一丸となって進めているプロジェクトでもあります。しかし、地デジ準備の費用については、ほとんど補助が用意されていないんですね。

地デジ放送を受信するには、まずは「UHFアンテナ」というものを各家庭に設置する必要があるのですが、これは大きな費用負担にはならないと思います。「数万円程度」を用意しておけば十分でしょう。しかし、問題は「テレビ本体」ですね。地デジチューナーを付ければ「数万円」の費用負担で済みますが、地デジ本来が持つ「映像の美しさ」を楽しむには、地デジ対応のテレビに買い替える必要があります。ここに、大きな費用負担が生まれるんですよ。

先日、ある大手販売店で「4万円の地デジ対応テレビ」というものを見かけましたが、やはり一般的な地デジ対応テレビは「10万円以上」はしますね。また、「この際に大きなテレビに買い替えよう!」と思うと、「数十万円」もの費用負担になることがあります。「エコポイント」の制度がまだありますので、多少の「還元」は受けることが出来ますが、「地デジへの移行」に対する補助ではないため、やはり大きな費用負担であることに変わりはありません。

諸外国でも地デジ移行になった国はありますが、中には、「貧困層へは政府が補助を出して地デジに移行する」という対策を取っている国もあるようです。

地デジの移行は、「メリットが多く、受け入れられる制度」と言えますが、別の見方をすれば、「私たちに選択肢が与えられていない制度」とも言えます。したがって、厳しい財政状況は理解できますが、多少の政府補助を用意することも大切なことではないでしょうか?一気に普及も広まりますしね。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 地デジ@完全ガイド -テレビ・アンテナはどうする?- All Rights Reserved.