地デジ@完全ガイド -テレビ・アンテナはどうする?-

【地デジQ&A】 悪徳業者を見分けるには

残念ながら、地デジ関連の業者の中には、「悪徳業者」と呼ばれるところがあるんですね。地デジ移行が2011年に行われるということは、私たちも知っていますが、「具体的にどのような装置が必要なのか?」や、「設置方法はどうなのか?」に関しては私たちでは対応できません。そこに目を付けた悪徳業者の存在が、最近大きな問題となっているのです。

そこで、優良業者では、「悪徳業者を見分ける方法」をホームページ内などで公表しています。同じ業種なので、「業界の常識で考えると、このような手口は悪徳ですよ」と、「同業者だからこそわかる悪徳の手口」を私たちに教えてくれているのです。

まず、悪徳業者にありがちなパターンとして、「工事が終わってから見積もりを出してくる」というケースがあります。つまり、「工事をやった」という実績をもとに、「とんでもない値段」を請求してくるんですね。「ふざけるな!」と怒っても、「じゃあ、工事代金を払え!」などと「いたちごっこ」になってしまうので、スピーディーに見積もりを出してくれる業者を選んでおきましょう。

また、「優良業者」であれば、「コストを下げる方法」を提案してくれます。「この家庭でしたら、こうすると費用負担が軽くなりますよ」と、積極的に提案してくれる業者は「優良業者の証」と言えるでしょう。

また、「対応スピード」も1つの判断基準です。悪徳業者の場合、その対応もかなり「ずさん」ですので、「対応があいまいだ…」という場合は警戒してください(その担当者が無能なだけかもしれませんが…)。

さらに、その業者が「社団法人デジタル放送推進協会」の会員になっているかどうかも、悪徳業者を見分ける大きなポイントです。苦情が多い業者は、この協会に加入することが出来ないため、この社団法人に「認められている」というのも、大きな判断ポイントになるんですね。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 地デジ@完全ガイド -テレビ・アンテナはどうする?- All Rights Reserved.