地デジ@完全ガイド -テレビ・アンテナはどうする?-

【地デジQ&A】 有料放送と無料放送とは

2011年7月24日に完全移行する「地上デジタル放送」に関しては、様々な質問が寄せられています。その中でも、「放送はこれまで通り無料のままですか?」という質問も多いんですね。基本的には、これまでと同じ「民放番組」は無料で視聴することが出来ます。また、「NHKの受信料」に関しては、特に新しく契約をする必要もなく、何もしなくても自動的に移行しますので、何も心配する必要はないと思います。

しかし、地デジに移行すると、「チャンネル数が格段に増える」というメリットがあるんですね。あくまでも「メリット」なのですが、「中には有料放送もある」ということをご存知だったでしょうか?

民放が運営している「CS」や「BS」の場合は、そのほとんどが無料のままです。また、野球の延長戦などをCSで放送している場合もありますので、やはりチャンネル数が増えるのは大きなメリットなのです。しかし、地デジ放送の受信を契約する時、稀に有料放送の契約まで結んでいるケースがあるんですね。業者がミスをしたのか、あるいは、こちらが素人なのを良いことに「騙して」いるのか、とにかく、私たちが知らないところで有料放送の契約が行われているケースがあるのです。

したがって、「見覚えのない請求書」が届いたり、「覚えがない口座引き落とし」などがあれば、必ず中身を確認しておきましょう。ひょっとして、あなたが知らない間に有料放送とも契約が結ばれているかもしれないのです。

また、自分の意思で有料放送との契約をする場合は、あなたのアンテナで「ちゃんと受信できるかどうか?」や、「契約内容や料金体系」などを細かくチェックしておきましょう。とくに、長期契約の場合は細かくチェックしておいた方が良いですよ。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 地デジ@完全ガイド -テレビ・アンテナはどうする?- All Rights Reserved.